中村小児科
小児科,アレルギー科
〒703-8235 岡山県岡山市中区原尾島1-3-15

TEL 086-273-2301

 

よくある質問|岡山市中区の小児科・アレルギー科|予防接種について

トップページ»  よくある質問

よくある質問

 

Q.プレベナー(肺炎球菌ワクチン)とは?

A.肺炎球菌感染を予防するワクチンです。
・2ヶ月以上7ヶ月未満は初回接種3回、追加接種1回
・7ヶ月以上1歳未満は初回2回、追加1回
・1歳以上2歳未満は2回
・2歳以上5歳未満は通常1回接種します。
定期接種のワクチンです。
ヒブワクチンなどのワクチンと同時接種も可能です。
お電話でご予約下さい。

 

Q.ヒブワクチンとは?

A.インフルエンザ菌b型の感染を予防するワクチンです。
・2ヶ月以上7ヶ月未満は初回接種3回、追加接種1回
・7ヶ月以上1歳未満は初回2回、追加1回
・1歳以上5歳未満は1回接種します。
定期接種のワクチンです。
プレベナー(肺炎球菌ワクチン)などのワクチンと同時接種も可能です。
お電話でご予約下さい。

 

Q.サーバリックス(ヒトパピローマウィルスワクチン)とは?

A.子宮頸がんを予防できる画期的なワクチンです。
初回接種、1ヵ月または2カ月後と6ヵ月後の計3回の接種が必要です。定期接種です。
ヒトパピローマウィスル16型及び18型感染に起因する子宮頸がんの予防が可能です。
対象は小学6年生より中学3年生までの女子です。
現在は積極的な接種は行われていません。
詳しくはお気軽にご相談下さい。

 


Q.嘔吐下痢症の原因は?

A.・嘔吐下痢の症状を呈する疾患は数多くあります。
・中でも注意するべき原因ウィスルはロタ、アデノなどです。強い脱水症状を起こす可能性があります。
・便を持参していただければ簡単に迅速検査できます。白い便は要注意です。
・ノロウィスルはほとんどは食中毒関係です。迅速診断はできません。
・ご相談下さい。

 

Q.MR2期について?

A小学校就学前の年長児が対象です。
就学前1年間に限り、追加接種(MRワクチン2期)を行います。
定期接種です。
忘れないように受けて下さい。
不明な点はお気軽にお尋ね下さい。

 

Q.任意の予防接種はどうすれば?

A.☆おたふくかぜワクチンは1歳以上で、可能です。お勧めします。
   最近では2回接種をお勧めします。
   おたふくかぜワクチンは約2-3年後に2回目を接種します。
 ☆水痘ワクチンは1歳以上で、可能です。
   最近では2回接種をお勧めします。
   水痘ワクチンは約6カ月後に2回目を接種します。
   但し、平成26年10月よりは定期接種に格上げされます。
   公費負担の適応になります。
 ☆ロタリックスワクチンはロタウィルス感染を予防するワクチンです。
   生後2カ月より4週間以上の間隔をあけて24週までに2回接種します。
 

 
   水痘ワクチンの料金      8,200円
   おたふくかぜワクチンの料金 7,130円
   ロタリックスワクチンの料金  15,120円 
   B型肝炎ワクチンの料金    6,910円     

 

Q.中村小児科に対する質問は?

A.お答えするまでに、お時間が必要な事もあるとは思いますが、お気軽にご相談下さい。返事は電話か、FAXになりますので電話番号等の記載をお願いします。

 

Q.熱性けいれんとは?

A.生後6ヶ月から6才ぐらいまでのお子さんが、熱の上がる直前、または熱の上がる時に起こす『ひきつけ』です。
6才までに6~7%のお子さんが1度は『ひきつけ』を起こします。『ひきつけ』予防にはダイアップ座薬を使用します。

 

Q.テオドールDSの使い方?

A.喘息様の疾患に使います。
ひきつけ、発熱、他の薬剤の併用(相互作用)に注意が必要です。
以下の点に気をつけて下さい。
・乳幼児、5歳以下の場合、発熱時は減量する。朝、夕の所をどちらかだけに飲ませる。
・特に2歳未満では服薬中止も検討する。

 

Q.予防接種の同時接種について

A.同時接種はほとんどすべてのワクチンで
接種可能です。それぞれの効果おいても
副作用の点でも問題ありません。
早めに効果を希望する場合に推奨します。
ご相談下さい。


☆水痘&ムンプス
  同時接種 14,040円

 

Q.花粉症の原因は?

A.特異的IgE抗体(スギ、ヒノキ、ハルガヤ、カモガヤ、ブタクサ)などの原因を調べることにより対処の時期が予想できます。検査をお勧めします。

 

Q.ロタリックスワクチンは?

A.ロタウィスルは6カ月より2歳6カ月ごろに腹痛、嘔吐、下痢を症状とする感染症です。脱水症状を起こし重症化すると入院を余儀なくされます。それがロタリックスワクチンで予防できます。生後6週以上24週までの間に4週以上の間隔で2回飲む生ワクチンです。現在世界120カ国以上の国で使用されています。注意事項は腸重積です。詳しくはお尋ねください。

 

Q.こどものために禁煙をしたいのですが?

A.ニコチン依存症のチェックテスト
1、一日に吸う本数にこれまで吸い続けた年数を掛けた値が200以上。
2、朝、起きてからどれくらいでタバコが吸いたくなるか、5分以内;かなり強い
5分から30分;強い
家族の喫煙による受動(うけみ)の喫煙の害を予防するために積極的に禁煙指導を行っています。
保険適応できる医療機関ではありません。ご相談には応じます。